川田つよし後援会
島根県津和野町議会議員  川田 剛 のブログ
住宅行政

7月臨時議会において、雇用促進住宅の2棟買い取りの予算付けが可決されました。

その後の全員協議会では、医療従事者向け住宅の建設について説明がありました。

以前書いたように、臨時会で町長に対し住宅行政に対する考え方について質問しましたが明確な回答は得られませんでした。

空き家が点在し、既存の町営住宅は老朽化しています。

今後、定住対策等にどう取り組んでいくか。その中で住宅というのは大きなウェイトを占めているのではないでしょうか。

いわゆる町営住宅には建設課が所管する住宅、健康保険課が所管する医師・看護士住宅、教育委員会が所管する教職員住宅、そして住宅ではありませんが、地域振興課が所管する空き家等があります。

町営住宅といっても設置や管理に関する条例はばらばらです。

小学校の閉校が相次ぎ、教職員の数は減少しています。

「定住しようとも住む家がない」というのは条例で縛られているからではないでしょうか。

以下は津和野町が設置及び管理をしている住宅です。(抜けていたら申し訳ありません)

元藩庁跡団地

法心庵団地

中島団地

鉄砲丁団地

中座団地

小川団地

小川第二団地

畑迫団地

下寺田団地

山根団地

土井敷団地

青原団地

清水団地

青原第二住宅

畑迫第二住宅

特定公共賃貸住宅

枕瀬団地

長福1号住宅

長福2号住宅

長福3号住宅

日原1号住宅

日原2号住宅

枕瀬1号住宅

左鐙1号住宅

左鐙2号住宅

須川1号住宅

須川2号住宅

青原1号住宅

後田長屋

後田医師住宅(G)

後田医師住宅(F)

後田医師住宅(H)

後田医師住宅(I)

野口住宅(A)

野口住宅(A2)

枕瀬住宅

栄町独身寮

瀧元住宅

町営ではないですが、このほかにも

サンハイツつわの

星の子団地

民営のアパートもあります。

果たして、雇用促進住宅の買取は必要だったのでしょうか。

少なくとも私は今後この住宅の存在が財政の足枷になる気がしてなりません。
スポンサーサイト
[ 2011-07-29 (Fri) 14:06 ]   Comment(0)
   Category:行政