川田つよし後援会
島根県津和野町議会議員  川田 剛 のブログ
3月定例会報告(請願)

3月定例会で総務経済常任委員会に付託され審査された請願は以下の3件です。会期中に審査され委員長からは「不採択とすべき」との報告でした。3件とも本会議において不採択となりました。

しかし、僕はTPP交渉に関する請願と、米価対策に対する請願には賛成しました。

TPP交渉に関する請願の不採択の理由は、審査の経過に記載してある通りなのですが、委員長に対し「この内容では“採択”ではないのか?」と訊ねましたが、「重要5品目以外にも守らなければならないものがある」との答弁でした。再度「農業関係の団体からの請願で、逆に医療をということならおかしい」と訊ねましたが、同様な答弁でした。
委員会で不採択だったのが不思議でなりませんが、とはいえ、「審査の経過」には同調しますので、僕は“賛成”しました。

また、米価対策の意見書を求める請願では、昨年9月定例会において津和野町議会は「米需給調整対策等に関する意見書の提出 」を可決、提出しております。

委員長は“農林水産省に水を差す”“時期尚早”とのことですが、僕はそうは思いませんので賛成しました。

この審議の前に「津和野町立左鐙小学校の存続を求める請願」の審議が行われたのですが、その際には議長を除く11人すべての議員が討論に立ち発言しました。

しかし、この3件においてはほとんど討論なしで不採択・・。

1期目のとき、討論せずに着席したまま反対をした僕に、先輩議員からお叱りを受けました「反対するなら討論せにゃいけんで!」と。

それ以来、反対の際は必ず討論をするようにしています。

確かに賛成は「同意」ですから説明の必要はありませんが、反対するということは何故反対するのかを表さなければなりません。それが住民からの請願であればなおさらである、と知らされました。



IMG_20150413_0001.jpg
IMG_20150413_0002.jpg
IMG_20150413_0003.jpg
IMG_20150413_0004.jpg
IMG_20150413_0005.jpg
IMG_20150413_0006.jpg
スポンサーサイト
[ 2015-04-13 (Mon) 15:32 ]  
   Category:議会